自分がいつどこにいるのかさえ忘れてしまうような特別な場所があります。 自分が生きている時間について混乱し、今立っている場所から動けなくなります。自分は未来にいるのですか? それとも過去に? 通称「古き良き街並み」 ククルクマ– 混乱、娯楽、歴史、そして未来を同時に味わう、時を超えた旅へとあなたを誘います。 最近、複数の分野への継続的な動きがあります。 ベイオール。 アスマルメシト、ガラタ、トゥネルは、新しいショップやカフェのオープンに伴い、観光スポットとなっています。 以前はフランス文化センターからオダクレまで殺到し、突然消えたかつての密集した群衆は、現在はトゥネル地方に向かっている。 これらのほかに 人気の待ち合わせ場所, ククルクマは今でもこのグループの成熟した謙虚な子供としての役割を引き継いでいます。 兄弟たちと同じように、彼も時間の経過とともに変化を経験していますが、その控えめな雰囲気のために、ここでは時間自体が止まっているように見えます。 私たちはあなたのためにククルクマを発見したかったのです。

イスケセリのコーヒーショップ、ミニチュア・デニズ・エスキシ、ククルチュマのフリーマーケット:

コーヒーショップ オブ イスケセリ

ハマムの左側、ガラタサライに入って裏通りに突入した瞬間に疑問符が浮かんだ。 いったいこのククルクマはどこにいたのでしょうか? 混乱しながら私たちはククルチュマのムフタルへ向かいました。 老店主に尋ねながら、骨の折れる必死の捜索の末、ついに私たちは、ククルチュマにはムフタールが存在しないことを発見した。 実はその名前は、 ククルクマ から続く通りに属していた ペラ に向かって飛び込む前に トプハン。 時が経つにつれて、フィルザガ、ガラタサライ、トプハネの間にある地域が呼ばれるようになりました。 Cウクルクマ。 入ってすぐに ククルクマ通り すぐ右は16世紀 ククルジュマ モスク – の傑作 建築家シナン – 挨拶してくれました。 その向こう側は18世紀 オメル・アガの噴水 そして噴水の隣にイスケチェリのコーヒーハウスが現れました。 イスタンブールの夏の地獄のような暑さの中で、日陰で深く涼しい呼吸をし、近隣の美しさを楽しむのにこれ以上適した場所はありません。 もちろん休憩するには早すぎると宣言しながら、私たちは通りを歩き続けました。 すぐ右側に、 ミニチュア・デニズ・エスキシ 私たちを魅了した。 とても魅力的なショーウィンドウがあり、店内には海の香りが漂います。 潜水服、望遠鏡、木箱、コンパスなど、あらゆる種類の海軍のアンティーク品がここで入手できます。 さらにその先は、 フリーマーケット。 ここでは、数百年前の木製家具、磁石付き電話、ブリキのおもちゃの車、手織りのカーペットなどが見つかります。 店主のアリ・ベイさんは ククルクマ 10年間。 「ここでは店が時々変わっていきます」と彼は言い、骨董品の需要は昔ほどではなく、以前ほど簡単に骨董品を見つけることができなくなったと付け加えた。 しかし、もちろん、コレクターのために保存しているユニークな作品も常にあります。 彼は、ほとんどの場合、 有名なアンティーク 収集家たちは頻繁に彼を訪ねたが、彼は彼らの名前を明かさないことに頑なだった。

最高のアンティーク品はかつてギリシャの家から来ていました。 「彼らは古いピンでも無駄にしません」とアリ・ベイは言います。 しかし、このような家は現在では非常に少なく、所有者のほとんどはすでに引っ越しています。 彼はここ 3 ~ 4 年、売上が減少し、良い作品が入荷しないことに不満を抱いています。 Ali Beyさんにフリーマーケットについて詳しく教えてもらいました。 「今では、以前ほど人気が​​ありません」と彼は言います。 しばらく休業していましたが、XNUMXか月前に再開しましたが、以前の客数には届きませんでした。 賃貸料が高すぎるため、以前は他の郊外から来ていた売り手もフリーマーケットに来なくなりました。 から上に向かって歩き始めます。 フリーマーケット。 郊外中心部のモスクを背に直進すると左手に見えます ガレリ アーティスト ククルクマ。 ここは、この地域で活発に活動しているアート ギャラリーの XNUMX つです。 それから右折します。 これは アルパトラー ストリート。 左側に名前のお店が並んでいます アンティーク および セリフ・オズクルク・アンティカ&デコラシオン。 右側にこんなお店があります ムスタファ・ライベク・アンティカ。 私たちは粉砕機と古代のオーブンを見ていきます。 いくつかの疑問を抱いて呼び鈴を鳴らしましたが、残念ながら誰も答えませんでした。 イスタンブールの路地裏文化は終わった、と誰が言ったでしょうか? 通りを上るツアーに出かけ、有名な場所を後にします アスリ・トゥルスクス (漬物屋)右後ろにあります。 このように半円を描くと、一番賑やかな通りに着きます。 ククルクマ。 この通りには、食料品店から青果店、パン屋からコーヒーショップまで、あらゆるコンセプトが揃っています。 すると、見た目も異なるXNUMXつの奇妙なお店が目に留まりました。 一人は呼ばれます レバンテン もうXNUMXつは ザマン・トゥネリ。 私たちは突入します レバンテン。 店主のMelih Gulayさんが私たちを出迎えてくれます。 店に入るとすぐに、棚にぶら下がったさまざまなオブジェクトが私たちを取り囲みます。 それぞれの面を見るととても混乱してしまいます。 この職業は父親から Melih Gulay に受け継がれ、45 年間このビジネスを経営してきました。 「このお店には何がありますか?」 私たちは尋ねます。 メリ・ベイ氏は、自分にはすべてがあったと言う。 たくさんの装飾品、宝石、何世紀も前のダイヤル錠、琥珀のビーズ、オリジナルのミニチュアの大規模なコレクション。 で ヨーロッパ、アンティークショップのオーナーは分岐しています。 機械製品から宝飾品、貨幣品からポップアートまで、それぞれの店がさまざまな品物を個別に販売しています。 「トルコではそのようには機能していません」とメリフ・ベイは言う。 特に1999年以降は硬貨や貴重品が主に販売されるようになりました。 「残念ながら、アンティーク品を手に持って愛を表現し、そこから喜びを感じることは、今では時代遅れです」と彼は付け加えた。 長期的には、新しいコレクターが教育されず、これが問題を引き起こすでしょう。

トルコ人はビジネスがうまくいったら何をしますか?

観光客もここを訪れています ショップ よく。 観光客は主に、ポケットに入れて自国に持ち運べる小さなものを好みます。 以前は、アンティークのナイフやピストルなどの大きな品物を購入していましたが、航空会社がこれらの品物の平地での乗客の入国を許可しなくなったため、販売が停止されました。 メリ・ベイはこう言う ククルクマ それ自体は同じくらい古いです ククルジュマ モスク。 当時はここが中心だった 中古ショップ。 宿泊施設しかありませんでした ペラ 周りには大きな墓地がありました 陸軍士官学校 および タクシム 正方形である。 かつてはユダヤ人、アルメニア人、ギリシャ人、トルコ人が一緒に暮らしていました。 私たちの会話は続き、彼は私たちを爆笑させるほど素晴らしいジョークを言いました。ユダヤ人のビジネスがうまくいけば、彼はビジネスを拡大するために新しい店を開きます。 アルメニア人のビジネスがうまくいけば、彼は自分のコックをより良いコックに置き換えますが、トルコ人のビジネスがうまくいったらどうなるでしょうか? 彼は妻を変えます!」

一方には教会の鐘、もう一方にはモスク:

注文したお茶を最後まで一口飲んだ後、 コー​​ヒーショップ メリ・ベイさんに誘われて店の前のブドウの木の下で、隣の店へ。 これは ザマン・トゥネリ (タイムトンネル)。 ここでは、60年代から70年代の奇妙なオブジェクトが販売されています。 店主のイルカー・ベイさんは、 ククルクマ 10 年間にわたり、彼はガスマスク、XNUMX 個の古いクルスで動く体重計、ブリキのビスケット箱、鉄製のハンドミキサー、ポータブルテレビ、冷蔵庫用の手作りの装飾品など、さまざまなアイテムをすべて非常に手頃な価格で販売しています。 イルカー・ベイは広告部門で働き、アマチュアコレクターとして仕事に満足できなかった後、このショップをオープンすることを決意しました。 彼は以前からの住人でした ククルクマ 3.5年半。 「ここククルクマでは、550 年間続いている中古品の取引が非常に人気がある」と彼は語り始めた。 ペラ ベイオールに最も近い郊外です。 ここは本物で神秘的な場所であり、説明するのは簡単ではありません。 一方では教会の鐘が鳴るのが聞こえ、もう一方では エザン (イスラム教徒の祈りの呼びかけ)。 以来 ガラタサライ に近い Cihangir、この方法が一般的に使用されます。 たくさんの人と触れ合って買い物ができます。 この通りは一種の隠れた通りです。 アーティストたちは、この通りの方が歩きやすく、通り過ぎるのに快適だと感じています」とイルカー・ベイは言います。

ヴィータが行く、UFOが来る:

彼が店を開いたとき、彼はからかわれた。 彼は、暖炉、火鉢、トンバックがよく売られている有名な通りで、マーガリンのブリキの容器やコーラのブリキの箱を売っていたので、変わった人だと思われていました。 ここで行われているビジネスは、骨董品を扱うこととはもちろん異なります。 しかし彼にとって、どういうわけかアンティーク品よりもウルカーブランドのビスケットコンテナボックスの方が価値があるのです。 イルカー・ベイは、彼の顧客グループが他の顧客よりも感情的であると感じています。 彼は迷い込んでいる イスタンブール そしてさまざまなオブジェクトを収集します。 「過去を追いかけることは私たちの義務です。 これらのオブジェクトは私の子供のようなものです。 誰かが一つの作品を購入するとき、私がそれを愛したのと同じように、それはお客様にも愛されると信じています。 そこに新しい子がやってくる。 ヴィータが行き、UFOが来る。 しかし、メインコンセプトは常に同じです。」 イルカー・ベイは、自分がこの通りに新しい風を吹き込んだと考えています。 彼らは最近、その詩人と特別な研究を行っています スナイ・アキン そして食料品店をオープンしました スナイ・アキンのおもちゃ博物館。

過去の素晴らしさ :

で休憩を終了します タイムトンネル そして私たちはツアーを続けます。 すぐ左側でジャンクマンのヒズルおじさんにご挨拶します。 彼の店のすぐ隣には、 ファイク・パサ・ストリート が始まります。 この名前はイタリア人ジャーナリストに受け継がれていることがわかりました フランチェスコ・デッラ・スーダ。 道路の両側を立派な建物が取り囲んでいます。 これらの古い建物は 18 世紀の最後の四半期に建てられました。 石に彫られた装飾は息を呑むほどです。 左側の建物の方が立派です。 その理由を伺います。 昔は左側に貴族、右側に召使いが住んでいたそうです。 右側の建物の建築構造に装飾が欠けている理由が明らかになりました。 この脇道にはアトリエがたくさんあります。 4 番でわかります。 ア・ラ・トゥルカ。 アンティークの絨毯、キリム、織物がいっぱいです。 かつてこの場所は、ショッピングが密集し、より活気に満ち、よりカラフルだった、より良い時代を生きていたことは明らかです。 けれど ククルクマ 最近は取り残されていますが、まだ残っています。 アンティーク文化 550年。 このルートでは、 古い建物 それぞれに特徴のある建築センス、ユニークなアイテムが並ぶ店舗、歴史ある横丁など、個性を持った街並みがそのまま残されていくのです。